2011年06月07日

蔵の扉 太久保酒造 【酒蔵仙殿】

kuranotobira.jpg

 本格焼酎 【蔵の扉】薩摩芋焼酎の歴史・文化・伝統を大切にしてきた我が蔵の焼酎造り。また、ここに次の時代を切り拓く進化を遂げた焼酎造り『甕壷電子仕込み』今、新しく「蔵の扉」が静かに開く・・・丸みを帯びた口あたり、咽越し柔らかくいつまでも続く優しい余韻を心ゆくまでお楽しみください。

太久保酒造が新たな電子技術を用い造り出した本格芋焼酎です。

【蔵の扉 白麹】
白麹甕壺仕込み。原料また製造工程において電子を付加し、アクが抜けることで、角が取れ丸みを帯びた味が特徴的。お湯割りにすると優しくふくよかな香りが楽しめます。
味には甘みとしっかりとした芋の特徴があり、後味は切れよく優しい余韻が残ります。

【蔵の扉 黒麹】
黒麹甕壺仕込み。蔵の扉(白)と製造工程・原材料(芋・米)は同じ。麹の違いで香り、味ともに別の顔を持つ焼酎に仕上がっています。
今までの焼酎造りを進化させた「電子甕壺仕込」今、まさに「蔵の扉」が静かに開く・・・進化を遂げた味をぜひご賞味ください。 【おすすめの飲み方】 ロックまたは水割りで。


各1800ml 2,625円










posted by あるじぃ at 12:28 | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。