2011年07月28日

紀州のはっさく梅酒 中野BC 【酒蔵仙殿】

IMG_1754.jpg

夏を感じさせるはっさくのほろ苦さ

中野BCが位置する和歌山はミカンでも有名な“柑橘王国”。はっさくは、和歌山県が全国で6割を超える生産量でNo.1。
はっさくは江戸時代に広島で発見されたブンタンの雑種で、果実は夏みかんに似ているがやや小さく皮が薄いのが特徴です。
はっさく(八朔)はもともと旧暦の8月1日をさす言葉で、毎年その 時期から食べられるようになることからこの名が付けられました。

はっさくの香りと風味を最大限に生かすために非加熱の手搾り果汁を使用。
ほんのりとしたほろ苦さの中に梅酒の甘みが程よく調和。
「はっさく梅酒」は、大人の飲み方で“ロック”が最適。
ちょっと凍らせてシャーベット状1にして“食す”はっさく梅酒も最高です。


Image2y41.jpg

紀州のはっさく梅酒 【中野BC】
720ml 1,142円
1800ml 2,400円(税抜き)


■【ご注文フォーム】■













posted by あるじぃ at 11:25 | 本格梅酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。