2016年09月20日

大堂津浜ブルース古酒【古澤醸造】芋焼酎 黒蝶統の会



しばらくご無沙汰しておりました。
現在お得意先様のHPを作成しておりましてこのブログを書く時間をほぼその作成に費やしている次第です。
完成したらまたご報告させて頂きたいと思います。

さて今年に入って【Dappan 黒蝶統の会(くろあげはのかい)】という付加価値のある焼酎を手掛ける会が発足しました。宮崎のアルデバラン鰍ウんが商品の企画を行い各造り酒屋に特徴のある商品を開発して貰い全国の会員店が販売していく流れになります。焼酎をメインに販売している弊店も二つ返事で会員にさせて頂きました。

第一弾として発売されたのがこの
「大堂津浜ブルース古酒」
造るのは宮崎の「古澤醸造」さんです。

古澤醸造さんは一度蔵見学でお伺いさせて頂いたことがあります。
木造の造りで造り酒屋の雰囲気がとても良く伝わりました。蔵内も清掃が行き渡り古さと清潔さが印象的でした。
県内でも珍しい土蔵造りの造り酒屋であり、麹室で室蓋を使った完全手造りを行っています。
蔵の奥も見せて頂きましたが甕壷が並んでおり熟成中とのこと。当時(今から10年以上前)熟成している焼酎で製品化されていない原酒がいくつもあると聞き【芋焼酎の熟成】をまだ聞きなれていなかった為に非常に関心が高まった思い出があります。
なので古澤醸造さん=熟成酒に長けた造り酒屋のイメージが今でも持っています。

またこの蔵の商品も「八重桜」の看板酒を中心に「一壷春」という熟成酒を早くから発売されていました。
宮崎では芋の熟成をいち早く手掛けた造り酒屋の一つだと思います。

さて大堂津浜ブルース古酒ですがレトロな雰囲気のネーミングとラベルが非常に印象的ですね。
瓶も透明でいい味出ています。

減量は地元宮崎産の「宮崎紅」を100%使用し白麹で仕込んでいます。一次仕込みはこの蔵伝統の甕壷を使用しこの蔵ならではの風味に仕上げています。出来上がった原酒を土蔵の甕壷でじっくり5年以上熟成させてあります。


【試飲しました】
宮崎紅に由来する旨みがふくよかに広がります。味わいは適度なコクと熟成ならではのまろやかさが際立ちます。更に他のどの銘柄にも無い【香ばしさ】が感じ取れます。これは古澤醸造さんの長年使い続けてきた甕壷に由来するのではないでしょうか。この香ばしさが心地よくこの銘柄のアクセントになっています。
柔らかな旨みのある香味はお湯割りも捨てがたいですがロックでじっくり堪能するのもオススメです。
2000本限定発売
無くなり次第終了です。

大堂津浜ブルース古酒【古澤醸造】
1800ml 3,080円(税抜き価格)






posted by あるじぃ at 11:12 | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。