2016年09月27日

浜小町の女王【神酒造】芋焼酎 Sendon-net酒蔵仙殿



黒蝶統の会の企画商品第二段です。
造るのは鹿児島の神酒造さん、明治5年創の老舗蔵です。代表銘柄は「千鶴」「いも神」など創業より和甕を用いて良質の芋焼酎を造り続けています。
千鶴は個人的にも好きな銘柄で年に数本購入し愛飲しています。白麹の特製を旨く引き出した飲み飽きしない香味です。

さてこの「浜小町の女王」の特徴は原料に名前にもなっている「ハマコマチ」というあまり聞きなれない品種を用いていることです。
ハマコマチ(九州122号)とは高カロテン系統「861-6」を母に「ベニオトメ」を父とした交配組合させた新しい品種で平成15年に命名登録されたとのこと。
塊根中にβ-カロテンを多量に含み、肉色は鮮やかなオレンジ色をしています。
食用の干し芋としても用いられているようです。
昨年秋ごろにキリンから発売された「浅黄(うすき)うさぎ」も同じ原料を使用しています。

さて試飲してみました。
軽いタイプを想像していたのですが見事に外れました。
香りはしっかりしているタイプです。芋の風味も強く感じられますが香りは非常に洗練された華やかさも感じられます。味わいは程よい芋感にやや柑橘系の香味も感じ取れました。キレもありストレートで飲んだこともあり余韻も長めです。恐らく今までに飲んだどのタイプにも属さない香味でした。

個人的にはロックがおすすめです。
正直に言って「おしいい」です。
値段が少々高めですが飲んで納得する味わいです。
ただこちらも2,000本限定生産です。
無くなり次第終了となります。

浜小町の女王【神酒造】
1800ml 2,780円(税抜き価格)

■送料・ご注文・お問い合せはこちら■


posted by あるじぃ at 10:06 | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。