2016年11月29日

マイナーな焼酎

マイナーな焼酎ってどんな銘柄があるのでしょうか。
そもそも「マイナー」を調べてみると
「小さいこと。少ないこと。あまり知られていないさま。有名でないさま。」
を含む意味のようで、対義語はご存知「メジャー」です。
この業界では「無名」や「有名銘柄」の表現はよく使いますよね。


さて話は戻って「マイナー」とはどんな銘柄が該当するのかと考えると、あくまで個人的な見解ですが
1:販売期間は5年以上経過
2:販売店(PB含む)や数量を限定したものではない

の条件を満たした銘柄と考えております。

3ff22376a908bee069241773339f0541_s.jpg
マーケティング用語に「製品ライフサイクル」という理論がありますが、食品業界でも流行がありまた製品自体に寿命があります。菓子業界が特に移り変わりが激しいらしく、新たな商品が発売され売り場に導入されても数ヶ月で消えていくを繰り返しているようです。確かにコンビニやスーパーの菓子売り場は常に新商品が導入されていますよね。新商品が導入される=他の商品が売り場から消えたことになります。
焼酎や日本酒に関しては菓子ほどサイクルの期間は短くはないですが、それでも毎年数十、もしかして数百の銘柄が新たに発売されています。

そんな短命な銘柄は知らないのは当然のことで、やはり数年販売されているにも関わらずひっそりと日の目に当たらない銘柄こそ「マイナー」と呼ぶに相応しいのではないでしょうか。
以上を踏まえると最低5年、理想を言えばその蔵の定番酒として数十年造り続けられているものがベターですよね。

また販売拠点や数量が制限されていなければ露出されないのも当然のことであり、それらを対象外とするのも必然的なものかなと思います。しかし地域限定されていたものでも入手出来るのであるならその限りではないと。
基本的に誰もが購入できるのが大前提です。

焼酎は一時期ブームといわれ九州を中心とする醸造蔵は大手酒屋や業界紙などがこぞって発掘し出尽くした感も無きにしも非ずですがどうなんでしょうか。

販売する側の私ですが新たな商品も興味有りますが、それ以上にマイナーな銘柄と聞くと無性にマニア心がくすぐられます。継続して造り続けられたということはそれなりの理由があり、またその蔵の歴史を味わえることにもなります。
そんなマイナーな銘柄を探し手掛けていきたいですね。

※因みに私の場合「マイナー」の言葉は希少性の高い意味を含めて用いています。

当店が毎月仕入れる商品の中で「非定番品」の割合も少なくありません。
この場合「次回の仕入れが未定」の銘柄のことを言います。
その中には実はこの「マイナー」な要素も意識して選択しています。
いまだにホームページもない造り酒屋とか、雑誌専門誌などで見かけた記憶が無いなどマイナーな条件は他にもいろいろあるのですが、仕入れる際に基準となるのは
「大手ショッピングモールでの取り扱いが少ないこと」
が大きな基準になります。ショッピングモールとは「楽天」や「ヤフー」のことを指します。
基本10店舗以下で販売されている銘柄
だと「マイナー」商品としての要素があると判断し、それから個別に銘柄の詳細を調べていきます。
そして最終的に
「私が自分で飲んでみたいかどうか」
で決まります。
自分が関心の無い銘柄はお客様に勧め難いですからね。



最近仕入れた中で私の言う「マイナー」な銘柄は
霊峰金峰【宇都酒造】
大黒【篠崎酒造】
三和鶴【三和酒造】
逆鉾【日当山醸造】

などが該当すると思います。
ご関心のある方は一度お試しあれ。


posted by あるじぃ at 11:44 | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。