2016年12月02日

にごり酒で熱燗!?

e30502f2fa7859ff772df83f82451909_s.jpg
熱燗の美味しい季節ですね。焼酎のお湯割りも美味しいですが日本酒の熱燗も体も温まり格別の味わいです。
日本酒も焼酎と同じく季節によって異なるお好みの温度で楽しめるお酒であり、温度によってまた違った味わいを楽しめるのが大きな魅力です。
冷で飲んでもピンと来なくて、燗にした途端劇的に美味さが増すお酒もあるので難しい反面自分の味覚にマッチした銘柄を探すのも楽しさの一つではないでしょうか。

さてみなさんはどのように燗をされていますか?
昔から日本酒は「湯せん」で燗をする習慣でしたが電子レンジの普及により簡単に出来るようになりました。

湯せんをする際にもちょっとした工夫で美味しさが増します。
例えば
鍋には徳利の高さの半分の量の水を入れる。
徳利の注ぎ口にラップを掛けると香味とアルコールが飛ばない。
徳利に入れるお酒の量は7から9分目まで。(いっぱいまで入れない)
鍋の水は一旦沸騰させ火を止めたあとに徳利を入れる。
2.3分を目途にお好みの熱で。

電子レンジの場合は
徳利のラップをし40秒から60秒で出来上がり。
徳利の素材形状やお酒の温度にもよりますが、40秒で人肌からぬる燗、60秒で上燗から熱燗の温度になります。

吟醸酒などは燗に適していないとのイメージがありましたが最近では燗向けの大吟醸が発売されたり、吟醸酒を燗して楽しむ方も少なくありません。
既成の概念にとらわれず色々試してみると誰も知らない新たな発見に出会うかもしれませんよ。

さて吟醸酒の熱燗よりもさらに違和感を感じるかもしれません。
「にごり酒の熱燗」です。
おすすめする銘柄は「花垣純米にごり酒」です。
麹米に五百万石、掛米に日本晴を使用し精米歩合は65%まで磨きこまれています。
アルコール度数は14,5度です。


にごり酒は従来「冷やして」飲むお酒なのですが、勿論冷やしてスッキリとした甘みのある飲み口で非常に美味しいですが燗をするとまた異なる美味しさに出会えるのです!
そしてこの銘柄は以前にスローフードジャパンが主催する「燗酒コンテスト」で最高金賞を受賞した経歴があるのです。
燗に適したとプロが認めたにごり酒なのです。

もろみがあるせいなのか燗をするのに通常のお酒より多少時間が掛かります。
人肌からぬる燗(35度から40度)までに温めて飲んでみると甘みが増しふくよかな味わいに。余韻は短くすっきりとした飲み口です。
さらに温度を高め50度位にすると甘みと共に酸味も増します。もろみの濃度も増していくような飲み応えに変化していきます。
確かに普通酒とは違ったニュアンスを楽しめますね。

一度「にごり酒の熱燗」という今まで味わったことの無い味覚をぜひお楽しみ下さい。

花垣 純米にごり酒【南部酒造】
1800ml 2,100円
720ml 1,050円(共に税抜き価格)


花垣純米にごり酒【南部酒造】
720ml 1,050円
1800ml 2,100円(税抜き価格)


花垣純米にごり酒720ml【ヤフーショップ】

花垣純米にごり酒1800ml【ヤフーショップ】

【アマゾン】

花垣 純米にごり酒 720ml 要冷蔵

新品価格
¥1,130から
(2018/1/10 08:18時点)




花垣 純米にごり酒 1800ml

新品価格
¥2,260から
(2018/1/10 08:19時点)




自宅で酒燗器があるといいですよね。
テーブルに置いておけばキッチンのコンロまで行き来しなくて便利です。
常に美味しい状態で楽しめますね。

TWINBIRD 酒燗器 ブラック TW-D418B

新品価格
¥3,154から
(2016/12/2 11:13時点)




posted by あるじぃ at 11:17 | 花垣/南部酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。