2017年01月24日

二階堂 吉四六 壷「二階堂酒造」Sendon-net酒蔵仙殿



吉四六といえば大分麦焼酎の代表格である二階堂酒造の主力銘柄の一つですが特に業務店に非常に人気のある銘柄です。
「二階堂」ブランドを筆頭に「吉四六」も飲食店でもよく見かける定番中の定番酒です。
そして「吉四六」は瓶の形状が異なる二つのタイプがあり通称「吉四六 瓶」「吉四六 壷」などと呼ばれています。因みに値段は異なりますが中身は同じです。

今回ご紹介するのは「壷」の方ですがこちらは陶器を使用しており雰囲気が出ています。
前述の通り依然として業務店で高い人気があり大手メーカーにしては生産量を増やしていないのか「吉四六」ブランドは今でも出荷制限が掛けられています

この「壷」の方は「瓶」に比べて更に少なく当店でも月に数ケースのみの入荷が続いています。
この生産量の少ない要因として陶器に書かれてある「大分麦焼酎 二階堂 吉四六」の文字を一つ一つ手書きで書かれている為と聞いたことがありますが比較して見てみると本当でした。
「大分」の「大」の字がまさに双方異なっておりますね。

少ないといっても月に数百本から数千本は出荷しているはず。
一体何人の方で書かれているのでしょか。
この文字だけを書く専門の方がいるのかもしれませんね。
ただ中身が無くなれば廃棄されるであろう瓶にここまで手間隙を掛ける二階堂酒造さんのこだわりが感じてしまいます。

当店の場合入荷数が少ないので入荷した段階で飲食店に配達して即売り切れです。
「瓶」でもヤフーショッピングで「ケース販売」すると数日で完売します。
しかし不思議な事に当店だけに限った事なのかこれだけ人気のある銘柄なのに一般のお客様が高購入されたことはほとんどありません。
まさに業務用焼酎といっても過言ではないかもしれませんね。

在庫に余裕がある場合は店舗とヤフーショップで販売もしております。
気になる方は是非チェックを。

二階堂 吉四六 壷 720ml



クレジット決済はこちらで>>




焼酎 サーバー 2000ml

新品価格
¥2,240から
(2017/1/24 12:23時点)




posted by あるじぃ at 12:22 | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。