2017年04月26日

一本義 山田錦(久保本店)福井 Sendon-net酒蔵仙殿

ippyamada.jpg

これほど贅沢な普通酒を見たことが無い。
酒米の最高峰「山田錦」を用いた晩酌酒です。それも地元福井で栽培された山田錦を使用。
この山田錦は難儀な栽培であることで有名です。その反面「酒米の王」と呼ばれるほど「キメの細かさ、優美さ」のある非常に洗練された味わいに醸し出すことが出来ます。

この「山田錦」をJAテラル越前・奥越前の篤農家・一本義の3者が一体となって研究し栽培に取り組み長い年月の試作錯誤を重ねついに栽培に成功する事が出来ました。
山田錦の栽培の難しさは背丈の高さにあると言えます。他の稲より背丈が高く、そのため直ぐに倒れてしまうのです。その難しいとされる栽培に果敢に挑み近年ついに倒伏することのない丈夫な稲を育てつつ収量も増やすことができました。
因みに私も百姓の端くれですが「山田錦」はまず栽培することは出来ないと思います。

「目指したのは良質な日常」
その苦労の結晶といえる奥越前の山田錦を用い試作を重ね久保本店の技術を集結させ醸し出した大吟醸酒は平成19年には、全国新酒鑑評会で金賞受賞、さらに国内最大の酒造技能集団、南部杜氏協会が開催している歴史ある「南部杜氏自醸清酒鑑評会」においては、全国159の酒蔵、586点の吟醸酒が出品されるなか、首席賞(第一位)を獲得するまでになります。
まさに地元トップブランドならではの功績と言えます。

山田錦は高級酒米ですが県外から調達するのが一般的ですが地元にこだわる蔵元ならではの思いと味わいが詰め込まれています。
この銘柄はそんな農家や蔵元の苦労の結晶とも言える最高酒米「山田錦」で贅沢に醸した究極の普通酒なのです。
味わいは山田錦の旨みのある優しい口当たりが特徴的。冷でも美味しく、またぬる燗や熱燗でその旨さに更に磨きが掛かります。
そして税抜き2000円を切る価格設定も魅力的。CP抜群の味わいをぜひご家庭でお楽しみ下さい。
一杯の贅沢を味わえるそんな一品です。

■普通酒
■アルコール度数 14〜15%
■原料米 山田錦
■精米歩合 70%

一本義 山田錦(久保本店)
1800ml 1,900円(税抜き価格)


ヤフーショップはコチラ

■送料・ご注文・お問い合せはこちら■


■お問い合せフォーム■
下のフォームから必要事項記入後送信してください。









posted by あるじぃ at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一本義/久保商店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。