2017年04月28日

店主の晩酌 「千夜の夢」

写真 2017-04-18 21 41 47.jpg
今月は倉庫整理をメインに行っていたので主だった新銘柄の入荷はありませんでした。
となるとブログのネタも無くなり挙句の果てには「イノシシ」をネタにするという暴挙に出てしまったので、軌道を修正すべくお酒ネタを書こうと思います。

しかし何も思い浮かばない。
そこで先日家飲みしながら意味も無く撮った写真があったのでそれをネタに少々・・
「店主の晩酌」と題し私が酔っていく様を赤裸々に書き込んで行こうかと思います。
などと言う無様な醜態はこれ以上晒す訳にはいかないので、酒屋の店主は普段どんな酒を飲んでいるのかとそんなスタンスで見ていただければ幸いです。

今回は焼酎の写真を撮ろうとしたのではなく、自ら焼き上げた「ホルモン焼き」を何気に撮ってみました。
スーパーに立ち寄った時に目に入り、丁度一人前の量であり300円もしなかったのでつい買い物かごに。
まさに衝動買いですよね。

ホルモン・・・大好物ですよ。
勿論芋焼酎と一緒に楽しみます。

やや甘めのタレが絶妙でぷりぷりとした食感も最高です。
ホルモンは少々焦げ目があるくらいの焼き加減が好きです。
時間が経ち酔っていくと辛味も欲しくなり、一味を少々振りかけます。
甘みのタレに辛みも増し、甘辛の味わいはほろ酔い気分には最高の味付けに。
このタレの甘みと芋焼酎の甘みが絶妙に合うんですよね。

飲んだ焼酎は「千夜の夢」です。
この銘柄も好きで今までに何本飲んだでしょうか。
田崎さん特有の「甘い香り」が好きなんですけど、飲み口は後に残るような甘さではなく比較的キリッとしたシャープな感じが美味くて飲み出すと何杯でもお代わりをしてしまいます。

三年熟成酒なんですけど「まろやか」というよりキリッとしたシャープな余韻が感じ取れます。
「香ばしさも」も感じ取れ、この香ばしさが味わいに複雑性を加えている感じがしますね。
個人的にがシンプルな味わいよりやや複雑性のある味わいの方が好きです。

熱いホルモンにロックで飲む芋焼酎。
まさに至福の時間です。
何度でも食べたくなる料理の一つですよね。

ではまた。
posted by あるじぃ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の晩酌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック