2017年05月01日

店主の晩酌 芋焼酎をパスタで

写真 2017-04-19 21 39 06.jpg

最近夜食のマイブームは「にんくに料理」です。
特に「ガーリックライス」がお気に入りでして、作り方は私なんかでも出来てしまう超簡単レシピなのです。
春になり稲作も始まり恒例の草刈も始まりました。
数年前までは休憩無しに刈り続けていたのですが、この年になると30分毎に休まないと発狂するすることも。
と言うか発狂するほどの気力体力も残らず、ここであらためて自分の年齢を感じずにはいられません。

これからの時期は今の仕事に「農作業」も加わり体力の消耗も増加する訳なのですが、最近お気に入りの「にんにく料理」を食べた翌日は確実に疲労度が軽減している気がします。
にんにくには疲労を回復する効果が期待出ると昔から言われておりましたが、この年になって始めて実感している次第です。
どんな成分が回復に役立っているのでしょうかね。
梅酒ならずホワイトリカーににんにくでも漬け込んでみましょうかね。

そんな訳でにんにくを使った料理はガーリックライスに次いで気に入っているのが「にんくパスタ」です。
こちらも作り方は超簡単でにんにくと残りのオカズでササッと炒めて出来上がり。
いや本当に具材や調味料なんかは悩む事もない「にんにく」さえあれば出来てしまう超簡単レシピなのです。

炒めてる最中のにんにくの香りが食欲を増進させるのが分かります。
今回は冷蔵庫にあった「ベーコン」とサラダに盛り付けてあった「ブロッコリー」を適当に入れて作ってみました。
「にんにくパスタ」まじでおすすめですよ。

オリーブオイルを適量フライパンに入れ、刻みにんにくを入れます。
にんにくに焦げ目が付いてきたらベーコンとブロッコリーを入れ炒めます。
味付けは基本的に塩コショウです。
その後に茹でたパスタを入れて軽く炒めて完成。
これだけだと薄味過ぎるので最後の味付けに「あじしお」を軽く加えるのが私流

麺類は好きですがパスタ料理は普段外食では好んでオーダーはしません。
イタリアンでもパスタ以外に食べたいものが他にもあるからです。
つまりパスタ料理は私にとっては好みの上位に位置していないのです。

が、しかし

このにんにくパスタは別です。
自分が作るからと言うわけではありませんが、何杯でもお代わりしたくなる衝動に駆られます。
それほど美味い!
なのでガーリックライスもそうですがいつもより多めにご飯や麺を入れてしまいます。
夜食時に多めにカロリーを摂取するのは体に良くないのですがね。
美味すぎるのだからしょうがない。

当然「芋焼酎」と共に楽しみます。
今回も先日から飲みだした「千夜の夢」で晩酌です。
芋焼酎は炒め料理にもにんにく料理にも合う万能なお酒なんですよ。
にんにくの香りが部屋中に充満するなか「戸は締め切り必須」で手軽かつ極上の味わいのにんにくパスタをつまみながらの芋焼酎。
これもまた至福の瞬間です。
旨いし翌日肉体疲労も軽減されているとか、まさに肉体労働者にとっては恵みのレシピです。
口臭だけは注意が必要ですがね。

皆さんも気が向いたらお試しアレ!

何?「ぺペロンチーノ」って名前がある?
posted by あるじぃ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の晩酌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック