2017年05月29日

泡盛の楽しみ方



本日はここ福井でも気温は30度を越す勢いの暑さでした。
昨日の朝までは肌寒く寒暖の差に老体が付いて行きません。

さて最近お客様より「泡盛」の問い合わせとご注文がジワリと増えてきています。
個人的には好きな泡盛ですが、福井では蒸留酒としても人気は高い方では無くこれからもスローペースでもいいから需要が高まればと一ファンとしても願っている次第であります。

今回は「泡盛」ですが、私なりに勝手にカテゴリー分けしておりまして、それを元にご紹介したいと思います。


「レギュラー(1年物)酒」
泡盛でも最も消費さているタイプの言わば1年物です。清酒で例えるなら(旧2級酒)佳撰タイプの泡盛です。本土でも市販、消費されているのはこのタイプが一番多いいのではないでしょうか。
ポピュラーな銘柄は「菊之露」「久米島の久米仙」が2強ですね。泡盛売り場では鉄板的存在です。
ただ「泡盛らしさ」をしっかり装備されており初めて泡盛を飲む方にはややハードルが高いかもしれません。
私的には泡盛を十分嗜んだ後に飲んでみるとその美味さが実感出来るともいます。

「減圧タイプ」
よ麦焼酎などによく用いられる製法で俗に言う「クセを抑えた香味」に仕上がるのが大きなポイントです。泡盛も「穀物香」という独特の風味があり、泡盛を好きになれるかどうかはこの風味を受け入れられるかどうかが重要な要素ではないかと思っております。
良くも悪くもこの穀物香を抑えクリアでスッキリとした風味に仕上げてしまうのが減圧蒸留なのです。
代表銘柄は「残波白(マイルド)」
こちらもポピュラーな銘柄の一つで入手は比較的容易です。
このクセを抑えた「残波白」は間違いなく泡盛を国内に広めた貢献酒であることは間違いありません。
初めての方でもロックで軽快に楽しめます。

「樫樽熟成」
このタイプはヘリオスさんの「くら」が真っ先に思い浮かびましたが最近が見かけなくなりましたね。
琥珀色の樫樽で熟成された泡盛です。
樫樽の芳醇な風味が泡盛の独特の香味と調和しウイスキーなど洋酒を思わせる風味に仕上がっているのが特徴です。
こちらも泡檻の風味が半減している分初心者の方にもおすすめなタイプです。
ロックで楽しんでください。

「古酒」
古酒と書いて「クース」と呼びます。泡盛の醍醐味はこのクースにあると私は思っております。
沖縄泡盛には「仕次ぎ」という文化があり、つまり古い泡盛に若い泡盛を継ぎ足し「古酒を無くならさないようにする」風習を長年続けられているのですが、最近では仕次ぎをせずに「三年古酒」と表示されている場合は100%三年熟成された泡盛が瓶詰めされるようになりました。

しかしここだけの話し三年熟成ではさほど新酒との違いを明確に判断出来るのは容易ではないのではと感じております。
しかし7年にもなると確実に「違い」が判断出来ます。
前述の「減圧タイプ」とはまた異なる「マイルドさ」「滑らかさ」が伝わります。
蒸留酒がいかに熟成に適しているのか痛感させられます。
一昔前までは度数にもよりますが10年古酒では1万円を超える銘柄も少なくありませんでした。
最近では探せば7年十年物でも手が届く価格の銘柄もあり、探す楽しみも増しますよね。
写真の銘柄は「芭蕉布7年古酒35度」です。性差量が極めて少なく販売店も僅か。しかし価格は7年ものとしては3,450円と非常に良心的な価格でマニアには嬉しい銘柄です。
しかし生産量極少で入手困難な状態です。
※当店でも残り僅か、興味ある方はメールでお問い合わせを。
■送料・ご注文・お問い合せはこちら■


■お問い合せフォーム■
下のフォームから必要事項記入後送信してください。





最後は「花酒」
これは与那国のみ製造が許された泡盛で度数は60度有り、酒税法上では【スピリッツ】に分類されます。
琉球王朝時に献上されていた特別な泡盛で焼酎の「初溜取り」のような濃醇な香味を楽しめます。
出来ればストレートで少量口中に含みイメージ的には「飲むのではなく」空気を吸いながら「香りを楽しむ」ような感覚でしょうか。
タバコを例にするなら「葉巻」を味わう感覚に近いかもしれません。

泡盛の楽しみ方
泡盛がレギュラー酒などは「30度」がメインとなります。
地元のでは「水割り」が主流のようですね。
樫樽は「ロック」が最も適した飲み方だと思います。
そして「古酒」「花酒」はストレートで時間を掛けじっくり楽しむのが良いのではないでしょうか。
古酒は35度、出来れば43度が個人的な理想です。
他、酒器では琉球ガラスタイプがあればなおよし。ダイソーでも琉球ガラス(タイプ)が販売されています。
つまみも一工夫し、琉球民謡など聴きながら泡盛を楽しめば楽しい一時を満喫できるの間違いなし!ですよ。



是非この夏は泡盛を楽しんでみてください。
posted by あるじぃ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック