2017年07月24日

菊之露サザンバレル 「菊之露酒造」 泡盛の樫樽貯蔵



菊之露酒造は沖縄本島から南西に約300km離れた宮古島に蔵はあります。宮古島は6つの島(池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島、宮古島)で構成されており蒸留所は7社あります。
非常にキレイな景色を楽しむ事が出来る宮古島は海は勿論、陸地も本土ではなかなか目にする事が出来ない自然の風景が広がっています。
島の水は硬質でカルシウム、ミナラルが豊富であり雄大な自然も含め菊之露の旨さに繋がっているのではないでしょうか。
b050d7286c9e7efe6f2e222677f10a56_s.jpg

c81db6f6ed8d2774638bbcb9c49d99a1_s.jpg

eb223d7db3afc11022d9d3b6b702ae65_s.jpg

泡盛を造り続け80年。現在2代目杜氏が琉球泡盛、そして宮古島の酒として美酒を追い求め続けています。こちら本土でも「菊之露」は最も馴染みのあるブランドの一つであり、その理由の一つして当然「旨さ」が挙げられます。
この蔵では泡盛ならではの独特の風味を生かしつつ地元沖縄以外の人にも楽しんでもらおうと努力し続けてきました。その一つの形がこの「サザンバレル」ではないでしょうか。

泡盛を樫樽で貯蔵させた琥珀色でウイスキーを思わす非常に芳醇な香味に仕上がっています。度数も25度と泡盛としてはやや低目な分マイルドに仕上がっています。とは言っても本格焼酎と同じ度数なのでペースには注意を。
香りは樫樽の芳醇さが際立ちます。飲んでみると洋酒を思わせる樫香に泡盛ならではの「穀物香」が絶妙に調和されています。
飲み方はロックが◎、次いでストレートまたは水割りでしょうか。
味わいがマイルドな分ロックかストレートが適していると思います。

最近私は蒸留所のある付近や地域を「グーグルマップ」や「ストリートビュー」を使って楽しんでいるのですが、いま一つ使い勝手が把握出来ていません。
地酒を飲みながらその周辺の景色を眺めたり歴史文化などを調べたりしていると味わいにまた深みが増しますよ。
ぜひお試しください。


菊之露サザンバレル 「菊之露酒造】
720ml 1300円(税抜き価格)


■送料・ご注文・お問い合せはこちら■


■お問い合せフォーム■
下のフォームから必要事項記入後送信してください。




posted by あるじぃ at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック