2017年10月30日

料理を引き立てる旨さ「照葉樹林」神川酒造



今回ご紹介するのは神川酒造の看板酒「照葉樹林」です。神川酒造は鹿屋市の郊外に蔵があり周囲は照葉樹林に囲まれ自然に恵まれた環境で酒造りを行っています。生産量は鹿児島でもそう多い方では無く従業員8名程度で地元のサツマイモを主原料に丁寧に醸し出しています。
代表銘柄はこの「照葉樹林」の他に「神之川」「瀞とろ」などがあり手掛ける銘柄数も多くありません。その分どれも蔵元そして従業員達の想いが込められた味わいに仕上がっています。

3銘柄とも口にしたことがありますが、「安納芋」を用いた「神之川」、黒麹で仕込んだ「瀞とろ」、黄金千貫と白麹で仕込んだスタンダードタイプの「照葉樹林」と各銘柄の特徴が表現されていますが個人的に印象深かったのはこの照葉樹林でした。
ロック水割りで飲むとスッキリとした飲み口が印象的でお湯割りだとふわっとしたまろやかな口当たりが際立ちます。
余計なアルコール臭や雑味も感じられず普段の献立には丁度良い濃度です。
個性的な存在を主張するのではなく料理を引き立てるタイプであり「旨さ」だけが味覚として伝わるので、つい何杯でも飲んでしまいます。あらためて晩酌酒として完成度の高い銘柄だと痛感させられます。
値段も嬉しい晩酌酒価格であり「三岳」「白玉の露」など気に入っている方におすすめ。
個性的な香味もいいですがたまには料理の立役者的な味わいもいいですよ!
飲み過ぎ注意な香味です。

ラベルを見て違和感を感じたのですがデザインの変更がされていたのですね。前前回は大きな変更だったのですが今回は雰囲気が似ている事もあり気がつきませんでした。因みに前回のラベルデザインはこちらです「照葉樹林(2015)」


照葉樹林 神川酒造
1800ml 1,895円(税抜き価格)


■送料・ご注文・お問い合せはこちら■






posted by あるじぃ at 08:31 | Comment(0) | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。