2017年07月24日

菊之露サザンバレル 「菊之露酒造」 泡盛の樫樽貯蔵



菊之露酒造は沖縄本島から南西に約300km離れた宮古島に蔵はあります。宮古島は6つの島(池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島、宮古島)で構成されており蒸留所は7社あります。
非常にキレイな景色を楽しむ事が出来る宮古島は海は勿論、陸地も本土ではなかなか目にする事が出来ない自然の風景が広がっています。
島の水は硬質でカルシウム、ミナラルが豊富であり雄大な自然も含め菊之露の旨さに繋がっているのではないでしょうか。
b050d7286c9e7efe6f2e222677f10a56_s.jpg

c81db6f6ed8d2774638bbcb9c49d99a1_s.jpg

eb223d7db3afc11022d9d3b6b702ae65_s.jpg

続きを読む
posted by あるじぃ at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月17日

夏は泡盛でしょ!? どなん 国泉泡盛



夏のお酒といえば冷酒もありますが「泡盛」も外せません。
泡盛は沖縄で造られる蒸留酒ですが蒸留所も、また銘柄も実に多いです。
こちら本土もで知名度が高い銘柄もあれば、いや割合的には聞いたこともない銘柄の方が多いかもしれません。
個人的には芋焼酎派なのですが実は泡盛も好んで飲みます。
今年の夏は焼酎の仲間なのに、独特の路線を貫く泡盛の紹介も今まで以上に出来ればと思います。続きを読む
posted by あるじぃ at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月29日

泡盛の楽しみ方



本日はここ福井でも気温は30度を越す勢いの暑さでした。
昨日の朝までは肌寒く寒暖の差に老体が付いて行きません。

さて最近お客様より「泡盛」の問い合わせとご注文がジワリと増えてきています。
個人的には好きな泡盛ですが、福井では蒸留酒としても人気は高い方では無くこれからもスローペースでもいいから需要が高まればと一ファンとしても願っている次第であります。

今回は「泡盛」ですが、私なりに勝手にカテゴリー分けしておりまして、それを元にご紹介したいと思います。
続きを読む
posted by あるじぃ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月18日

北谷長老 長期熟成古酒 25度 1800ml

写真 2017-05-12 11 47 50.jpg

泡盛のこだわり派に絶大な人気の銘柄
夏に向けて気温の上昇と共に泡盛の美味さが比例し増していきます。
泡盛で個人的に推奨している銘柄は「春雨」と・・
続きを読む
posted by あるじぃ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月09日

琉球紀行8年古酒30度【沖縄県酒造組合】 Sendon-net酒蔵仙殿




連日猛暑が続きますね。
配達が本当にシンドイです。飲み物も500mlじゃ足りません。そしてK自動車でエアコンもかけまくっているので燃費の悪さって言ったらもう・・。
暑さはいろんな意味で消費されるものが多いですね。

さて今回も泡盛です。
沖縄県の47社の酒造メーカーの選ばれた原酒のみを徹底管理し8年の歳月をかけた貯蔵熟成古酒と書かれていますが結局はどの蔵元の原酒なのでしょうか?
ラベルと箱に描かれている画は昭和初期に泡盛の宣伝用として使用されたポスターのようです。いい雰囲気が出てますね。
この銘柄の発売元は「沖縄県酒造組合」となっており、その活動は組合員(酒造メーカー)の生産する泡盛を仕入れ、長期貯蔵により「古酒」として良質の泡盛を県外に安定的に移出するとともに、原料米その他資材の共同購買を行い、業界の安定と経済的地位の向上を図ることを目的とした組合のようで泡盛の「古酒」を守り県外へ拡販する活動を行っているようです。
なのでこの「古酒」も価格を見ていただければ分かると思うのですが非常に低価格です。8年古酒35度で2400円(税抜き)とかメーカー物では見つからない価格設定でしょう。
泡盛古酒を一人でも多くの方に楽しんで貰いたい、そんな思いが伝わる銘柄です。

泡盛は8年を超えると極端に熟成感が増していく、といった話しを聞いたことがあります。
三年五年では表せない熟成感を是非ご家庭でお楽しみください。

琉球紀行8年古酒30度
720ml 2400円(税抜き価格)
posted by あるじぃ at 14:08 | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする