2016年07月29日

菊之露 サザンバレル 【菊之露酒造】 Sendon-net酒蔵仙殿



昨夜も暑かったですね。久しぶりに「ハイボール」を飲んでしまいました。
きつめの炭酸で割って一杯目は一気に飲み干す。
これがまた旨いんですな。3杯飲んでその後焼酎を、肝臓からの悲鳴が聞こえた気がしますがたまには許してください。おかげで今朝は頭痛でウオーキングは中止しました(苦笑


さて今日は樫樽貯槽の泡盛です。
造るのは泡盛のトップブランド「菊之露酒造」さんです。沖縄本島より300km離れた珊瑚礁に囲まれた宮古島に蔵はあります。ミネラルを多く含んだ弱アルカリの水で仕込み豊かな香味を醸し出しています。
原酒をじっくりと樫樽で熟成させ琥珀色に仕上がって芳醇美酒。
洋酒を思わす華やかな樫香はロックで更に旨さが冴えます。
泡盛初心者の方にもおすすめできる美味しさです。


菊之露サザンバレル 【菊之露酒造】
720ml 1300円(税抜き価格)



■送料・ご注文・お問い合せはこちら■

※7月31日(日曜日)は誠に勝手ながら臨時休業させて頂きます。

posted by あるじぃ at 13:49 | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月28日

瑞泉おもろ10年古酒43度【瑞泉酒造】泡盛 Sendon-net酒蔵仙殿



こちら北陸は週間天気予報では曇り晴れが続くようで気温も今現在も上昇中、まさに夏本番ですね。
今回も泡盛のご案内です。

「瑞泉おもろ10年古酒43度」
一昔前までは10年以上の古酒は5,000円や10,000円するのも珍しくなかったのですが、こちたは3,000円前半で購入することが出来るという驚きの価格です。
造るのは「瑞泉酒造」さんで1887円創業、世界遺産である「首里城」近くに蔵はあり見学が出来ることから多くの人が訪れています。主力銘柄は「瑞泉」のほかに「御酒」そしてこの「おもろ」があります。「瑞泉古酒43度」は非常に高い完成度で甕熟成ならではの深い味わいが見事に表れています。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、泡盛の古酒の表示基準について、3年以上貯蔵した泡盛が総量の51%以上から「全量(100%)」と改める泡盛の表示に関する公正競争規約の一部変更を官報で告示されました。
泡盛には古酒を守る為に「仕次ぎ」という文化がありますが、たとえば「三年古酒」と表示されていても中身は「100%三年熟成された古酒」と「仕次ぎでブレンドされた古酒」とでは掛かるコストが異なり価格に大きな差が発生していたからです。
今現在は「三年古酒」と表示されていた場合中身は「100%三年熟成された古酒」が入っております。

よってこの「おもろ10年古酒」も当然100%の古酒であり、その長く熟成された深みのある香味を比較的購入しやすい価格で入手出来るのは瑞泉酒造さんの思いと企業努力のほかありません。
平成17年ドイツ国際コンクール インターナショナル・スピリッツ・アワード(ISW)において沖縄で初めて金賞受賞しています。

飲み方は小さな器に少量注ぎ、少しずつ香り味わいを楽しみます。勿論度数が高すぎると感じた場合は氷や水を足しても構いません。
沖縄の曲を聴きながら飲めばさらに雰囲気が高まりますよ。





瑞泉おもろ10年古酒43度【瑞泉酒造】
720ml 2,800円(税抜き価格)







タグ:瑞泉 古酒 43度
posted by あるじぃ at 11:23 | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月23日

クイナブラック【40度】5年古酒100%シルバー【田嘉里酒造】Sendon-net酒蔵仙殿



aboutus_1.jpg

田嘉里酒造は沖縄県の北部にある国頭郡大宜味村に蔵はあります。この辺は山原(ヤンバル)とも呼ばれ、 国の天然記念物; 希少野生動植物種ヤンバルクイナの生息地としても有名です。
この蔵の大きな特徴は大自然に恵まれえた環境で中でも水質(中硬水)の良さは県内随一。30度の泡盛では約7割が水と言うことを考えればどれだけ水が重要か分かりますよね。

この銘柄は「クイナブラック【40度】5年古酒100%シルバー」が正式名です。色が2色も表示されていますね。地元では「シルバー」の名で親しまれているようで生産の8割は地元で消費されているようです。
良質の水で造る五年古酒は黒麹の力を最大限発揮された豊かな風味に仕上がっています。甘く優しい香りに濃醇でコクのある味わいは小さな器で少量入れ、じっくり時間を掛けてお楽しみ下さい。山原の雄大な大自然の恵みを感じることができるかもしれません。


クイナブラック【40度】5年古酒100%シルバー 【田嘉里酒造所】
720ml 2,222円(税抜き価格)


■送料・ご注文・お問い合せはこちら■









posted by あるじぃ at 11:50 | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月30日

白百合 「池原酒造所」泡盛 sendon-net酒蔵仙殿



最近は気温も上がって焼酎もお湯割りから水割り・ロックにされている方も少なくないのではないでしょうか。
暑くなれば南国のお酒の美味しさも増していきますが今回ご紹介するのは泡盛の「白百合」です。
何年か前に「古酒」でご案内した記憶がありますが今回がレギュラー酒とも言える1年ものです。
はっきり言いますがまだ私は飲んでいません。
その噂は前々から知ってはいたのですが改めてグーグルさんから情報を得ようと検索すると
「泡盛」「白百合」の入力するとすぐ横に「臭い」「カビ」などの表示が勝手に・・。
名前は清楚なお嬢様のイメージなんですがね、とにかく非常に個性的な味わいのようです。
「土臭い」「かび臭い」なんてコメントをよく見かけ、地元沖縄でも販売されているお店も限られているとかいないとか。
酒豪の多い沖縄県民さんですが飲み会に白百合が登場するとペースが落ちてしまうとか。
一体どんな味なんでしょうか!?
先日興味本位で数本仕入れたら残り1本と何気に売れてしまっています。
購入された方是非生のご感想をお聞かせ下さい。

造るのは池原酒造所さんでご夫婦二人三脚で造っておられるとか。昔から変わらぬ味わいを守っておられるのでしょね。個人的にも非常に興味のある銘柄ですが600mlのレトロ瓶を仕入れて試してみたいと思います(苦笑

まだ未知な味わいですがホントこんな銘柄は大歓迎ですね。個性は大事です。
飲んだらまた書き込みますね、では。


白百合 30度 「池原酒造所」
1800ml 2,150円(税抜き価格)


◆ご注文方法はこちらでご確認ください。◆

◆送料とカートンに関してはこちらをご確認下さい◆


■【ご注文フォーム】■














posted by あるじぃ at 20:05 | Comment(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月28日

与那国クバ巻き43度 崎元酒造 【酒蔵仙殿】

okinawa.jpg


夏といえば「泡盛」。
与那国を造る崎元酒造は日本最西端にある与那国島に蔵はあります。現在島には3つの造り酒屋がありますが崎元酒造は中でも最も古い造り酒屋です。

地釜式蒸留で泡盛を蒸留し完全手造りで泡盛を造っています。
豊かな穀物香に甘みのある飲み口。
43度高めの度数ですが「琉球グラス」などのようなカラフルな器に少量入れ、ロックで時間を掛けてじっくりとお楽しみ下さい。
沖縄の特産クバの木の葉で巻かれ沖縄の雰囲気が醸し出ています。

青い沖縄の海を思い浮かべながら真夏の夜のひとときをお楽しみ下さい。


与那国クバ巻き43度 【崎元酒造】
1800ml 3,790円(税抜き)



◆送料とカートンに関してはこちらをご確認下さい◆


■【ご注文フォーム】■














posted by あるじぃ at 10:50 | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする