2017年01月12日

花垣 本醸造【南部酒造】Sendon-net酒蔵仙殿



寒波が来ているようで実家(勝山市)の方では昨夜から雪が降り出しました。
今朝は5cmほどの積雪量だったのですが通勤する時間に少し激しく振り出してきたので慌ててママさんダンプを車に乗せ出勤してきました。
しかし店(福井市)に着いた頃にはまったく雪が降った形跡がありませんでした。さすが(福井の)都会です。
週末まで雪マークが続いているので予断は許しませんね。

さて福井で雪が多い地域といえば私の住む勝山市も含めた「奥越」が有名です。
当然雪国ならではの苦労もあります。高所恐怖症の私にとって屋根雪下ろしなどは拷問以内の何者でもありません。
おっと脱線してしまいましたが、日本酒造りに「寒仕込み」という言葉があります。
その名の通り寒い時期に酒造りを行うことを指すのですが、この寒仕込みにもいろいろメリットもありますが特に発酵による影響が大きいのではないでしょうか。

酒造りの重要な過程に発酵があるのですが、気温が高いと様々が菌も混入し発酵する可能性も高くなります。
雑菌が繁殖すれば当然品質にも影響を与え味わいにも支障を来たします。
他の菌が発酵しにくい寒い時期にじっくり時間を掛けて醸すことが美味い酒造りのポイントにもなるのです。

南部酒造も私の住む勝山市の隣に位置した奥越の一つであり冬の降雪も非常に多いです。
当然冬は一際寒く、しかしこの厳しい環境が美味しい酒を生み出しているのでしょう。
辛口酒でありながら、この蔵ならではの優しい口当たりが生かされています。適度な酸味が味わいを整えすっきりとした余韻は飲み飽きさを感じさせず、まさに毎日飲む晩酌酒として適した味わいに仕上がっています。
この寒い時期の熱燗は優しく心も体も温めてくれるでしょう。

この蔵の「失われようとしている技術や味を継承し、古き良きものから新しい創造を生み出す」という伝統を重んじる理念に影響されているのか、どこ懐かしい味わいに感じるのは決して私だけではないはず。
特に冬におすすめしたい晩酌酒です。

花垣 本醸造【南部酒造】
1800ml 1,970円(税抜き価格)

クレジット決済はこちらで>>


こちらもオススメ
福井の地酒を熱燗で飲み比べ
福井の人気燗酒五種飲み比べ>>
sendon_nomi005.jpg
posted by あるじぃ at 11:08 | 花垣/南部酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月02日

にごり酒で熱燗!?

e30502f2fa7859ff772df83f82451909_s.jpg
熱燗の美味しい季節ですね。焼酎のお湯割りも美味しいですが日本酒の熱燗も体も温まり格別の味わいです。
日本酒も焼酎と同じく季節によって異なるお好みの温度で楽しめるお酒であり、温度によってまた違った味わいを楽しめるのが大きな魅力です。
冷で飲んでもピンと来なくて、燗にした途端劇的に美味さが増すお酒もあるので難しい反面自分の味覚にマッチした銘柄を探すのも楽しさの一つではないでしょうか。

さてみなさんはどのように燗をされていますか?
昔から日本酒は「湯せん」で燗をする習慣でしたが電子レンジの普及により簡単に出来るようになりました。

湯せんをする際にもちょっとした工夫で美味しさが増します。
例えば
鍋には徳利の高さの半分の量の水を入れる。
徳利の注ぎ口にラップを掛けると香味とアルコールが飛ばない。
徳利に入れるお酒の量は7から9分目まで。(いっぱいまで入れない)
鍋の水は一旦沸騰させ火を止めたあとに徳利を入れる。
2.3分を目途にお好みの熱で。

電子レンジの場合は
徳利のラップをし40秒から60秒で出来上がり。
徳利の素材形状やお酒の温度にもよりますが、40秒で人肌からぬる燗、60秒で上燗から熱燗の温度になります。

吟醸酒などは燗に適していないとのイメージがありましたが最近では燗向けの大吟醸が発売されたり、吟醸酒を燗して楽しむ方も少なくありません。
既成の概念にとらわれず色々試してみると誰も知らない新たな発見に出会うかもしれませんよ。

さて吟醸酒の熱燗よりもさらに違和感を感じるかもしれません。
「にごり酒の熱燗」です。
おすすめする銘柄は「花垣純米にごり酒」です。
麹米に五百万石、掛米に日本晴を使用し精米歩合は65%まで磨きこまれています。
アルコール度数は14,5度です。


にごり酒は従来「冷やして」飲むお酒なのですが、勿論冷やしてスッキリとした甘みのある飲み口で非常に美味しいですが燗をするとまた異なる美味しさに出会えるのです!
そしてこの銘柄は以前にスローフードジャパンが主催する「燗酒コンテスト」で最高金賞を受賞した経歴があるのです。
燗に適したとプロが認めたにごり酒なのです。

もろみがあるせいなのか燗をするのに通常のお酒より多少時間が掛かります。
人肌からぬる燗(35度から40度)までに温めて飲んでみると甘みが増しふくよかな味わいに。余韻は短くすっきりとした飲み口です。
さらに温度を高め50度位にすると甘みと共に酸味も増します。もろみの濃度も増していくような飲み応えに変化していきます。
確かに普通酒とは違ったニュアンスを楽しめますね。

一度「にごり酒の熱燗」という今まで味わったことの無い味覚をぜひお楽しみ下さい。

花垣 純米にごり酒【南部酒造】
1800ml 2,100円
720ml 1,050円(共に税抜き価格)


クレジット決済はヤフーショッピングで>>
花垣純米にごり酒 1800ml>>
花垣純米にごり酒 720ml>>

自宅で酒燗器があるといいですよね。
テーブルに置いておけばキッチンのコンロまで行き来しなくて便利です。
常に美味しい状態で楽しめますね。

TWINBIRD 酒燗器 ブラック TW-D418B

新品価格
¥3,154から
(2016/12/2 11:13時点)


posted by あるじぃ at 11:17 | 花垣/南部酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月24日

花垣 棚田純米大吟醸 【南部酒造】福井の地酒

nenmatu.jpg



全国にも多くのファンを持つ花垣ブランド。
豪雪の地として知られる奥越大野に蔵があり近年でが古酒などにも積極的に取り組む人気蔵の一つです。
地元の酒米を多く用い「旨い大野の地酒」を醸し続けています。

今回ご紹介する「棚田米純米吟醸」、その「棚田」とは「千枚田」とも呼ばれ平地が少ない土地の険しい山々を切り開いてつくった田んぼを言います。段々畑の水田といえば分かりやすいでしょうか。
その地形から維持も難しくまた機械も入りにくい為、最近では棚田で稲作する農家も減少しているとか。
しかし山間部で多い棚田は空気も澄み切り、また雪解け水や雨水などを用い生活用水が混入していない為清冽な自然の恩恵をそのまま受けています。
標高三百メートルの高さに位置する大野市・阪谷地区。その土地にも棚田はあり絶えず風が吹き、害虫が付きにくいことからこの地の「棚田米」は良質で美味しいと評判のようです。

さてその棚田で栽培された五百万石を用いて醸しだされた純米大吟醸酒。香りは落ち着きのある吟醸香に五百万石に由来する味わい豊かな香味に仕上がっています。
吟醸酒特有の高すぎない香りは繊細な料理を邪魔せず南部酒造特有の旨みを持った食中に適した味わい吟醸に仕上がっています。
そして大吟醸酒としては良心的な価格も魅力の一つ。勿論価格以上の酒質であることは間違いありません。
花垣が醸し出す福井の、奥越大野の味わいを是非お楽しみ下さい。

花垣 棚田 純米大吟醸【南部酒造】
720ml 1,750円
1800ml 3,500円(共に税抜き価格)

◆ご注文方法はこちらでご確認ください。◆

◆送料とカートンに関してはこちらをご確認下さい◆


■【ご注文フォーム】■














posted by あるじぃ at 19:56 | 花垣/南部酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月29日

花垣 米しずくひやおろし純米【南部酒造】



極寒の地、奥越大野の作り酒屋「南部酒造」。
純米酒として定番中の定番「米しずく」のひやおろしです。
寒造りの新酒が夏季の貯蔵・熟成を経て、香味が整い、円熟味が一段と増す秋口に出荷されますが普段行う2度目の火入れをしていないためさらに豊かな味わいに仕上がっています。
包装してある袋は「UVカット遮光袋」で天敵であり紫外線を90%カットする特殊な素材を使用。
蔵の製品に対する思いが伝わりますね。
このひやおろしは原酒タイプではないので原酒が苦手な方にもおすすめです。


使用原料米 五百万石
精米歩合 60%
使用酵母 7号系
日本酒度 +3
酸度 1.8
アミノ酸度 1.3
アルコール度 15度
テイスティング分類 醇酒
召し上がり方 冷温



花垣 米しずくひやおろし純米 
1800ml 2,600円
720ml 1,300円(各税抜き価格です)



◆ご注文方法はこちらでご確認ください。◆

◆送料とカートンに関してはこちらをご確認下さい◆


■【ご注文フォーム】■














posted by あるじぃ at 09:41 | 花垣/南部酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月24日

花垣 調熟純米古酒【南部酒造】



古酒の特徴は味の調和です。
時間の経過とともに「色・香り・味」が、
変化し五味(甘辛酸苦旨)が渾然一体となり、
やさしい口当たりで複雑な味わいと
まろやかな品格が備わります。
時が創った「奥行きの深さと円熟した風格」
身体にやさしいおだやかな酔い心地を
お楽しみください。---南部酒造HPより。

熟成酒を長年手掛けてきた南部酒造。
さまざまな研究と取り組みを行い品質改善も毎回細やかに行ってきました。
そして出来上がった数十アイテムの純米古酒を様々な比率にてブレンドしテイスティングを重ね完成させたものがこの調熟純米古酒です。
酒が雑味をすて最高の調和をもたらした状態を
「解脱」という言葉で表現されることもあります。
様々な温度で変わる味わいも魅力の一つ。

県内熟成酒のトップブランドがおすすめする限定熟成酒。
日本酒の新たな一面をお楽しみ頂けます。

花垣 調熟純米古酒【南部酒造】
1800ml 3,500円(税抜き)
posted by あるじぃ at 13:42 | 花垣/南部酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする