2017年10月11日

プレミアムな麦焼酎を求める方に「元老院」白玉醸造



麦焼酎ファンなら一度は口にしたい魔王を造る「白玉醸造」さんの本格麦焼酎です。
麦焼酎といっても樫樽に貯蔵した麦焼酎に芋焼酎をブレンドさせた従来に無い製法なのがポイント。幻の銘酒を生み出した蔵ならではの独創的なアイディアが詰め込まれています。

続きを読む
posted by あるじぃ at 10:54 | Comment(0) | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月06日

100年の歴史を味わう「百年甕仕込み 蓬乃露(よもぎのつゆ)」 丸西酒造



蓬乃露を造る丸西酒造は1916年(大正5年)創業の老舗蔵の一つです。
生産量は少ない造り酒屋ですが多彩な銘柄を手掛けています。代表銘柄は蔵の名を冠した「丸西」。当店では「むかしむかし」「盛右衛門」「小さな小さな蔵で」「有明の月」「深海うなぎ」「大甘薯」などを取り扱ってきました。

続きを読む
posted by あるじぃ at 10:47 | Comment(0) | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月04日

芋臭を存分に楽しみたい方にぜひおすすめしたいのがコレ!「鶴見」大石酒造



先日ご案内した「莫袮氏」を造る大石酒造の明治32年からの看板酒です。
この蔵の特徴は個性を主張した風味豊かな香味を造り出すこと。決して万人向けとは言えませんが、芋の風味を主張した飲み応えある香味は脳裏に刻み付けられる程の強いインパクトがあります。

続きを読む
posted by あるじぃ at 10:49 | Comment(0) | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月02日

濃醇派におすすめ 「莫袮氏」大石酒造



久しぶりの更新です。
最近では店売りを縮小していたので新商品の入荷の割合も減らしておりました。
といっても月に数種類は入荷していたのですが数も少ない事もあり、ここに掲載するまでもなく完売しておりました。
そこであらためて新商品の案内と同時に入荷した定番のおすすめ銘柄の案内もしていきたいと思います。
続きを読む
posted by あるじぃ at 09:56 | Comment(0) | 本格焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月28日

夏に大活躍 真空断熱タンブラー



晩酌記事で何度かお目見えしておりますが、私の晩酌には真空断熱タンブラーを愛用しております。
このタンブラーを使い始めもう3.4年は経過しているでしょうか。
切っ掛けは失念しましたが購入した時の第一印象は
「味気ないデザイン」
でした。
それまで自分に合った色、形、持ち易さを求めた陶器製を長年使っていたせいもあり銀色のシンプル過ぎるデザインは直ぐに飽きるだろうと思っておりました。
しかしその思いを見事に裏切られることになるのです。

続きを読む
posted by あるじぃ at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月24日

菊之露サザンバレル 「菊之露酒造」 泡盛の樫樽貯蔵



菊之露酒造は沖縄本島から南西に約300km離れた宮古島に蔵はあります。宮古島は6つの島(池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島、宮古島)で構成されており蒸留所は7社あります。
非常にキレイな景色を楽しむ事が出来る宮古島は海は勿論、陸地も本土ではなかなか目にする事が出来ない自然の風景が広がっています。
島の水は硬質でカルシウム、ミナラルが豊富であり雄大な自然も含め菊之露の旨さに繋がっているのではないでしょうか。
b050d7286c9e7efe6f2e222677f10a56_s.jpg

c81db6f6ed8d2774638bbcb9c49d99a1_s.jpg

eb223d7db3afc11022d9d3b6b702ae65_s.jpg

続きを読む
posted by あるじぃ at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 泡盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月21日

夏はビールのトマト割りが旨い!では焼酎では!?


しかし暑い日が続きますね。食欲も減退気味で気だるさも急上昇です。
さて先日コンビニに立ち寄り、ふと目についた「トマトジュース」、久しぶりに購入してみました。
目的はビールのトマト割り「レッドアイ」を飲む為です。
これが無性に飲みたくなる飲み物の一つなのです。
飲んでるだけで不思議と健康意識が高くなるドリンクで、「飲めば飲むほど体に良い」といった錯覚さえ感じてしまいます。
ついでなんで「トマト」がどれだけ体に良いのか栄養成分なんかも調べてみました。

続きを読む
posted by あるじぃ at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の晩酌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする